最新登録情報

一覧へ
2021年11月
ルーチン®デュオ箱粒剤
  • 使用方法「育苗箱の床土または覆土に均一に混和する。」および「育苗箱の上から均一に散布する。」に使用量「高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g)」が追加されました。
  • 使用上の注意事項に以下が追加されました。
    • 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当りに乾籾として200から300g程度を高密度には種する場合は、10a当りの育苗箱数に応じて、本剤の使用量が1kg/10aまでとなるよう、育苗箱1箱当りの薬量を50から100gまでの範囲で調整して下さい。
2021年11月
ロブラール®水和剤
  • 作物名「なす」の適用病害虫名に「褐色斑点病」が追加されました。
  • 作物名「アスパラガス」の適用病害虫名に「褐斑病」が追加されました。
  • 作物名「しそ」および適用病害虫名「菌核病」が追加されました。
  • 作物名「はとむぎ」の使用方法「無人ヘリコプターによる散布」が「無人航空機による散布」に変更されました。
  • 作物名「だいず、あずき、いんげんまめ、らっかせい、てんさい」の「イプロジオンを含む農薬の総使用回数」が「3回以内」から「4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)」に変更されました。
  • 注意事項に変更がありました。
    • 本剤を無人航空機による散布に使用する場合は次の注意事項を守って下さい。
    • 散布は散布機種の散布基準に従って実施して下さい。
    • 散布に当っては散布機種に適合した散布装置を使用して下さい。
    • 散布中、薬液の漏れのないように機体の散布配管その他散布装置の十分な点検を行って下さい。
    • 周辺に栽培されている作物に飛散しないよう十分注意して下さい。
    • 散布薬液の飛散による他の分野への影響に注意して、散布地域の選定に注意し、散布区域内の諸物件に十分留意して下さい。
    • 散布終了後は次の項目を守って下さい。
      1. 使用後の空袋は放置せず、安全な場所に廃棄して下さい。
      2. 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきって下さい。
      3. 機体の散布装置は十分洗浄すること。また、薬液タンクの洗浄廃液は河川等に流さないで下さい。
2021年11月
アントラコール®顆粒水和剤
  • 作物名「きく」が追加されました。
  • 注意事項に変更がありました。
    • きくに使用する場合、収穫直前での使用においては薬斑が生じるおそれがあるので注意して下さい。
2021年11月
ルーチン®コア箱粒剤
  • 使用時期「移植3日前~移植当日」に使用量「高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g)」が追加されました。
  • 使用上の注意事項に以下が追加されました。
    育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当りに乾籾として200から300g程度を高密度には種する場合は、10a当りの育苗箱数に応じて、本剤の使用量が1kg/10aまでとなるよう、育苗箱1箱当りの薬量を50から100gまでの範囲で調整して下さい。
2021年11月
ヨーバル®トップ箱粒剤
  • 使用時期「は種時(覆土前)、「は種時(覆土前)~移植当日」および「移植3日前~移植当日」に使用量「高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g)」が追加されました。
  • 使用上の注意事項に以下が追加されました。
    育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当りに乾籾として200から300g程度を高密度には種する場合は、10a当りの育苗箱数に応じて、本剤の使用量が1kg/10aまでとなるよう、育苗箱1箱当りの薬量を50から100gまでの範囲で調整して下さい。

製品動画


  • モベントフロアブル いちごのハダニ防除は灌注で!

  • ボデーガードプロTV CM

  • ルーチンアドスピノ箱粒剤 TVCM