持続可能な農業
「より良い収穫を、より少ない資源で」

バイエルは、現在の最も差し迫ったいくつかの課題に挑戦するため、持続可能な農業に対する取り組みに力を入れてきました。

バイエルでは、私たちが最も大きく貢献できる領域に注力しています。私たちはイノベーションが未来の農業の鍵であることを知っています。私たちはデジタル農業、精密農業、育種技術などの新しいテクノロジーが、農業のエコロジカル・フットプリントをいかに減らしているかすでに経験しています。

農業におけるリーダーとして、私たちには気候変動、生物多様性の喪失、資源の限界、食糧安全保障の課題に取り組む機会と責任があります。バイエルは持続可能性をビジネス戦略の中心とし、クロップサイエンス部門においては、人々と地球の両方にとってより良い世界の創造を支援するため、重要かつ計測可能な目標にコミットしています。

私たちは、バイエルのイノベーションの可能性を独自に位置づけ、農家に価値を創造し続けながら、全世界において真に違いを生み出す領域に注力しています。

作物1kgあたりに排出される温室効果ガスの30%削減
作物1kgあたりに排出される温室効果ガスの30%削減
30%
バイエルが提供する地域で最も排出量の多い作物システムから
農薬による環境への影響を30%削減
農薬による環境への影響を30%削減
30%
使用量を減少し、より正確な散布を可能にする新たなテクノロジー
1億人以上の小規模農家が教育、製品、パートナーシップへのアクセスにより利益を獲得
1億人以上の小規模農家が教育、製品、パートナーシップへのアクセスにより利益を獲得
>100M
小規模農家の
ベネフィット

教育、テイラーメイド・ソリューションやパートナーへのアクセスなど

日本における持続可能性への取り組み

今、日本の農業はさまざまな課題に直面しています。環境負荷を減らすと同時に、人により安全な製品の開発とその使用法の普及も必須となっています。また、高齢化や農業人口の減少による労働力不足などに対応するため、少ない労力で質と量ともに、これまでの水準を上回る作物を生産する必要があります。さらには、日本の農業が継続的に繁栄していくよう、次世代の農業を担う人々の育成も大きなテーマです。

食糧は人が生きていく上で不可欠なものです。バイエル クロップサイエンスは、環境に調和した持続的な食糧生産に貢献するため、3つの領域に注力しています。これらは、日本の農業が安定的に食糧を生産し、引き続き発展していく上で今後ますます重要になってきます。

リーディングカンパニーの一つとして、わたしたちはこれらの取り組みを積極的に推進していきます。