製品情報

バイエル クロップサイエンスの製品情報 現在栽培中の作物から、または対象となる病気や害虫から役立つ製品を簡単にさがすことが出来ます。

製品を探す

技術情報

農薬グラフや各製品の技術資料やチラシを見ることが出来ます。
農薬グラフを見る 資料を見る

最新登録情報

2018年04月 カウンシルコンプリートジャンボ
キシュウスズメノヒエが適用雑草に追加されました。
2018年04月 ボデーガードプロジャンボ
キシュウスズメノヒエが適用雑草に追加されました。
2018年04月 ルーチンFS
適用病害虫雑草名「白葉枯病」(使用時期:は種時(浸種前))が追加されました。
2018年04月 オルフィンプラスフロアブル
作物名「りんご」に適用病害虫雑草名「灰色かび病(2000倍)」および「褐斑病(2000倍)」が追加されました。
作物名「なし」の「黒星病」および「黒斑病」の希釈倍数「3000倍」が「2000~3000倍」に変更されました。
2018年04月 バリアード顆粒水和剤
作物名「ぶどう(チャノキイロザミウマおよびコナカイガラムシ類)の希釈倍数が「2000~4000倍」から「4000倍」に変更になりました。
2018年03月 ビーラム粒剤
作物名「にんじん(適用病害虫雑草名 ネコブセンチュウ」が登録拡大になりました。
作物名「だいこん」に適用病害虫雑草名 「ネコブセンチュウ」が登録拡大されました。
2018年02月 ルーチンデュオ箱粒剤
使用時期「移植3日前~移植当日」に適用害虫名「ヒメトビウンカ」が追加されました。
注意事項に追加がありました。
2018年02月 アドマイヤー水和剤
作物名「てんさい」の「イミダクロプリドを含む農薬の総使用回数」を、「1回」から「3回以内(種子への処理または灌注は1回以内、散布は2回以内)」に変更し、「使用方法」を「苗床灌注」から「灌注」に変更しました。
作物名「湛水直播水稲」の使用方法「過酸化カルシウム剤との同時湿粉衣(地上は種用、空中散播および無人ヘリコプターによる散播用)」を、「過酸化カルシウム剤との同時湿粉衣」に変更しました。
作物名「湛水直播水稲」の使用量「種もみ3kg当り150~200g」および「種もみ3kg当り200g」を、それぞれ「種もみ3kg当り150~200g(200g/10aまで)」および「種もみ3kg当り200g(200g/10aまで)」に変更しました。
2018年02月 アドマイヤー顆粒水和剤
作物名「てんさい」に、使用方法「散布」(適用害虫名:アブラムシ類)を追加し、イミダクロプリドを含む農薬の総使用回数「1回」を「3回以内(種子への処理または灌注は1回以内、散布は2回以内)」に、使用方法「苗床灌注」を「灌注」に変更しました。
作物名「湛水直播水稲」の使用量「種もみ3kg当り30~40g/10a」を「種もみ3kg当り30~40g(40g/10aまで)」に、使用方法「過酸化カルシウム剤との同時湿粉衣(地上は種用、空中散播および無人ヘリコプターによる散播用)」を「過酸化カルシウム剤との同時湿粉衣」に変更しました。
作物名「乾田直播水稲」の使用量「種もみ4~8kg当り30~40g/10a」を「種もみ4~8kg当り30~40g(40g/10aまで)」に変更しました。
2018年01月 ルーチンエキスパート箱粒剤
「疑似紋枯症(褐色紋枯病菌)」、「疑似紋枯症(赤色菌核病菌)」、「イネツトムシ」
(は種時(覆土前)~移植当日)が追加になりました。
2018年01月 ジャストフィットフロアブル
作物名「トマト」および「ミニトマト」が削除されました。
2017年12月 ビームキラップジョーカーフロアブル
作物名「稲」にかかわる「エチプロールを含む農薬の総使用回数」が次のとおり変更になりました。
【変更後】2回以内(は種時(直播)又は移植時までの処理は1回以内)
2017年12月 ビームキラップジョーカー粉剤DL
作物名「稲」にかかわる「エチプロールを含む農薬の総使用回数」が次のとおり変更になりました。
【変更後】2回以内(は種時(直播)又は移植時までの処理は1回以内)
2017年12月 ルーチン粒剤
作物名「稲」の「イソチアニルを含む農薬の総使用回数」が変更されました。
2017年12月 キラップジョーカー粉剤DL
作物名「稲」にかかわる「エチプロールを含む農薬の総使用回数」が次のとおり変更になりました。
【変更後】2回以内(は種時(直播)又は移植時までの処理は1回以内)
2017年12月 キラップジョーカーフロアブル
作物名「稲」にかかわる「エチプロールを含む農薬の総使用回数」が次のとおり変更になりました。
【変更後】2回以内(は種時(直播)又は移植時までの処理は1回以内)
2017年12月 キラップフロアブル
作物名「稲」にかかわる「エチプロールを含む農薬の総使用回数」が次のとおり変更になりました。
【変更後】2回以内(は種時(直播)又は移植時までの処理は1回以内)
2017年12月 キラップ粉剤DL
作物名「稲」にかかわる「エチプロールを含む農薬の総使用回数」が次のとおり変更になりました。
【変更後】2回以内(は種時(直播)又は移植時までの処理は1回以内)
2017年12月 キラップ粒剤
作物名「稲」にかかわる「エチプロールを含む農薬の総使用回数」が次のとおり変更になりました。
【変更後】2回以内(は種時(直播)又は移植時までの処理は1回以内)
2017年12月 イモチエースキラップ粒剤
作物名「稲」にかかわる「エチプロールを含む農薬の総使用回数」が次のとおり変更になりました。
【変更後】2回以内(は種時(直播)又は移植時までの処理は1回以内)
2017年12月 キラップシードFS
作物名 「湛水直播水稲」が「直播水稲」に変更されました。
希釈倍数の欄が削除されました。
使用時期「は種前(浸種後)(鉄コーティング中)」と「は種前(浸種後)(鉄コーティング後)」が「は種前(浸種後)」に変更されました。合わせて使用方法が「コーティング中またはコーティング後の種もみに塗沫処理」に変更されました。
「使用上の注意事項」に以下の追加がありました。
本剤を鉄コーティング時に塗沫処理する場合は、コンクリートミキサーまたは回転式コーティング機を用いて種もみに処理して下さい。鉄コーティングに使用する資材の量に応じて加水量を調整し、種もみを攪拌させながら均一に付着させて下さい。
2017年12月 ルーチンFS
作物名「稲(箱育苗)」および「湛水直播水稲」が作物名「稲」に変更され、希釈倍数の欄が削除されました。
作物名「稲」の使用方法が、① 塗沫処理(種子被覆剤を加用)(使用時期:は種前(浸種前))、② 塗沫処理(使用時期:は種前(浸種後))および ③ 「コーティング中またはコーティング後の種もみに塗沫処理」(使用時期:は種前 (浸種後))とされました。
「使用上の注意事項」に下記注意事項が追加されました。
本剤を鉄コーティング時に塗抹処理する場合は、コンクリートミキサーまたは回転式コーティング機を用いて種もみ に処理して下さい。 鉄コーティングに使用する資材の量に応じて加水量を調整し、種もみを攪拌させながら均一に付着させて下さい。
いぐさ栽培予定水田に、本剤を処理した種もみをは種しないで下さい。また、本剤を処理した稲苗を移植した水田ではいぐさを栽培しないで下さい。
2017年11月 モベントフロアブル
作物名「りんご(適用病害虫名:アブラムシ類、カイガラムシ類およびハダニ類)」が追加になりました。
作物名「なし(適用病害虫名:アブラムシ類、カイガラムシ類、ハダニ類およびニセナシサビダニ)」が追加になりました。
作物名「かき(適用病害虫名:カイガラムシ類)」が追加になりました。
作物名「ももおよびネクタリン(適用病害虫名:アブラムシ類、カイガラムシ類及びハダニ類)」が追加になりました。
作物名「小粒核果類(適用病害虫:アブラムシ類、カイガラムシ類およびハダニ類)」が追加になりました。
作物名「おうとう(適用病害虫名:カイガラムシ類およびハダニ類)」が追加になりました。
作物名「キャベツ(適用病害虫名:アザミウマ類およびアブラムシ類)」が追加になりました。
作物名「はくさい(適用病害虫名:アブラムシ類)」が追加になりました。
作物名「かぼちゃ(適用病害虫名:アブラムシ類及びハダニ類)」が追加になりました。
作物名「ブロッコリー」及び「レタス」に適用病害虫名「アブラムシ類」が追加になりました。
「使用上の注意事項」に以下の項目が追加されました。
はくさいに使用する場合には、曇天および夕刻等の散布後に葉面上の薬液が乾きにくい条件で薬害を生じるおそれがありますので注意して下さい。
「安全使用上の注意事項」の表記に変更がありました。
(1)誤飲などのないよう注意して下さい。誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせて下さい。本剤使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受けさせて下さい。
2017年11月 ガードナーフロアブル
作物名「キャベツ」に適用病害虫名アザミウマ類が追加されました。
作物名「はくさい」の「ヨトウムシ」の使用時期を、「定植当日」から「定植3日前~定植当日」に変更になりました。
作物名「ブロッコリー」の「コナガ」の使用時期を、「定植当日」から「定植3日前~定植当日」に変更になりました。
作物名「レタス」の「ナモグリバエ」の使用時期を、「定植当日」から「定植3日前~定植当日」に変更になりました。
2017年10月 カウンシルコンプリートフロアブル
直播水稲で「は種直後」から使用できるようになりました。
2017年10月 カウンシルコンプリート1キロ粒剤
移植水稲の適用雑草に「シズイ、キシュウスズメノヒエ」が追加されました
直播水稲の使用時期が「は種時からノビエ3.5葉期」に拡大されました。
使用方法に「無人ヘリコプターによる散布」が追加されました。
2017年10月 アドマイヤー1粒剤
作物名「じゅんさい」の「本剤の使用回数」及び「イミダクロプリドを含む農薬の総使用回数」が、現行の1回から2回に変更になりました。
本変更に伴い、「使用上の注意事項」の注意事項(8)が次のように変更になります。
(8)本剤を稲、れんこんおよびじゅんさいに散布で使用する場合には、湛水状態で均一に散布し、散布後少なくとも7日間はそのまま湛水状態を保ち、落水、かけ流しはしないで下さい。
2017年10月 オルフィンフロアブル
作物名「たまねぎ」に適用病害名「小菌核病(2000~3000倍)」が追加されました。
作物名「たまねぎ」の適用病害名「灰色かび病」の稀釈倍数が「2000~3000倍)」に変更されました。
適用病害の範囲または使用方法の内容に変更があり、「はくさい(白斑病・黒斑病)」、「キャベツ(菌核病)」、「レタス(菌核病・灰色かび病)」、「リーフレタス(菌核病・灰色かび病)」及び「いちご(灰色かび病・うどんこ病)」が追加されました。
2017年10月 ボデーガードプロ1キロ粒剤
直播水稲で「は種直後」から使用できるようになりました。
2017年9月 エバーゴルワイド箱粒剤
「穂枯れ(ごま葉枯病菌)」の使用時期が、「は種時(覆土前)~移植当日」に変更になりました。
2017年9月 キラップJ水和剤
「かんきつ(ミカンバエ成虫)」の希釈倍数が「2000~3000倍」に変更になりました。
使用上の注意事項に以下の項目が追加になりました。「かんきつの施設栽培および着色始期以降での使用は、果実に薬害を生じるおそれがあるので使用しないで下さい。
2017年7月 ルーチンフロアブル
「内穎褐変病」(希釈倍数75~100倍)、「もみ枯細菌病」(希釈倍数75倍)が追加になりました。
2017年7月 オルフィンプラスフロアブル
作物名「りんご」の希釈倍数が「3000倍」から「2000~3000倍」に変更されました。
2017年7月 オンリーワンフロアブル
作物名「ぶどう」に「白腐病」が追加されました。
2017年7月 アドマイヤー1粒剤
適用作物名に「ごま(アブラムシ類)」が追加されました。
適用作物名に「にら(花茎)(ネギアザミウマ)」が追加されました。
2017年7月 アドマイヤー顆粒水和剤
作物名「食用ゆり」(適用病害虫雑草名:アブラムシ類)が追加になりました。
作物名「小麦」の使用時期が「収穫21日前まで」から「収穫14日前まで」に変更されました。

ニュース

2018年4月 New 新しい作用性のフィプロニルを有し、シバツトガとケラに防除効果を発揮する芝用殺虫剤
「トップチョイスフロアブル」 2018年4月4日より販売開始
2018年4月 New いもち病や紋枯病、水稲の主要病害虫に優れた防除効果と残効性を発揮する
水稲育苗箱専用殺虫殺菌剤
「ルーチン®ブライト箱粒剤」 2018年4月3日より販売開始
2018年2月 New コガネムシ類に安定した効果を発揮するかんしょ専用の新アドマイヤー粒剤
「アドマイヤー®イーモ粒剤」 2018年2月26日より販売開始
2018年1月 New 新規作用機構を有する殺線虫剤「ビーラム™粒剤」 2018年2月9日より販売開始
2017年10月 バイエル、若者主導の3つの食糧安定供給プロジェクトに資金提供
2017年5月 世界若者農業サミット参加者決定
地球レベルでの食糧安定供給への課題に挑む100人の若きリーダー達
2017年3月 種子処理剤「ルーチン®FS」「キラップシード®FS」を3月1日より発売開始
2016年9月 殺菌剤「ナティーボ®フロアブル」2016年9月16日より販売開始
2016年9月 第3回世界若者農業サミット、2017年にベルギーの首都、ブリュッセルで開催
2016年9月 農業の未来形成に貢献するバイエルのイノベーションおよび持続可能性への取組み
2016年7月 微生物殺菌剤 「セレナーデ®水和剤」 2016年7月1日より販売開始
2016年4月 新規水稲用除草剤 「ボデーガード®プロ」(系統) 「カウンシル®コンプリート」(商系)
2016年4月27日より販売開始
2016年3月 新規殺菌剤 「オルフィン®プラスフロアブル」 2016年4月5日より販売開始
2016年1月 バイエル クロップサイエンス株式会社 本部長人事のお知らせ