ハウスのスマート農業なら

プランテクト

プランテクトはハウス栽培向けのモニタリングサービスです。温度湿度、CO2、日射量などのハウスで重要な環境を見える化。トマト・ミニトマト、きゅうり、いちごの主な病害のリスクを人工知能により予測します。

農作物に最適な環境を

ハウスモニタリングアプリ

センサーが環境データを10分ごとに取得。グラフの幅は1時間、24時間、7日間、30日間から選べます。今日の環境管理や、過去のふりかえりに活用しましょう。データをダウンロードしてMicrosoft Excel等で詳しい解析も。 

ハウスから離れていても

ハウスから離れていてもモニタリング

スマートフォン・タブレット・パソコン等でいつでもどこでも確認可能。ご自宅や出荷時などハウスから離れているときにもハウスの状況を簡単に確認できます。

異常をメールでお知らせ

センサーの値が事前に設定した値を超えると、メールでお知らせ。すぐに対処が可能になります。最大4つまで通知先を登録できます。

見て欲しい相手とハウスのデータを共有

ハウス情報を仲間と共有

相手先に共有専用アドレスへのリンクを送ることで、ハウスのグラフを相手も見られるように。仲間との情報共有、指導員や普及員からの指導促進、グループ内の技術向上に活用できます。共有数は無制限。

こちらのデモでは、この共有機能を利用しています。


プランテクト機器設置コンセプト

ハウスごとに必要なセンサーを

通信機とセンサーは無線で1.5km通信可能。通信機1台にセンサーを最大20台まで接続。通信機の電源は一般的な100Vコンセント、センサーはアルカリ電池だけ。複雑な配線工事は必要ありません。

動画で見る
プランテクトのメリット

プランテクト温度湿度センサー

温度湿度センサーから飽差・積算温度も表示

温度湿度センサーで、飽差・露点温度・積算温度も表示。話題の飽差を指標にした光合成管理ができます。積算温度からは収穫期を予測。センサーの黒色のカバーに日光に当たると内部で上昇気流を起こし、空気を下から自然吸入するデザインを採用。

アプリ病害予測画面

トマト・ミニトマト、きゅうり、いちごなら主な病気の危険度を人工知能がお知らせ。予防的な防除へ。

温度湿度センサーのデータから、トマト・ミニトマトの病気(灰色かび病、葉かび病、うどんこ病、すすかび病)、きゅうりの病気(べと病、うどんこ病、褐斑病)、いちごの病気(うどんこ病)の感染危険度を人工知能が解析、お知らせ。2日後までの将来予測により、自信の持てる予防的な防除を。農薬散布作業や農薬コストの削減につなげましょう。

CO2濃度を適度に保ち、光合成を最適化

プランテクトCO2センサー

ハウスを閉め切った時のCO2濃度低下をCO2センサーで素早く検知。センサー表示値の校正をアプリケーションからできるため、センサーのメンテナンスのコストを抑えられます。

日射量に合わせた水やり・遮光を

プランテクト日射センサー

日射センサーはハウスのはりに設置しやすいデザイン。水やりの量は日射量に合わせるのが理想的です。遮光カーテンを利用するときにも、日射量を参考に、光を確保しながらしおれを防ぐバランスを。

ご利用方法に合わせて選べるプラン。お好みのセンサーを後から追加可能。

価格プランは2種類。作期に合わせて利用したい方向けの「使いたい時だけプラン」、初期費用を抑えて利用したい方向けの「通年プラン」。

導入事例

冊子ダウンロード

※ 上記効果の記載は特定の環境に基づいたものであり、効果には個人差があります。
※ Microsoft Excelは本製品に付属しておりません。
※ トマト・ミニトマトの灰色かび病・葉かび病、きゅうりのうどんこ病の予測機能は、農林水産省委託プロジェクト研究「人工知能未来農業創造プロジェクト」(栽培・労務管理の最適化を加速するオープンプラットフォームの整備)による成果です。
※ トマト・ミニトマトのうどんこ病・すすかび病、きゅうりのべと病・褐斑病、いちごのうどんこ病の予測機能は、農研機構生研支援センター「イノベーション創出強化研究推進事業」による成果です。