リベレーター®フロアブル

LIBERATOR Flowable

製品の特長

  • スズメノテッポウ、スズメノカタビラ、カズノコグサ等の一年生イネ科雑草からハコベ、ノミノフスマ、ナズナ、 タネツケバナ、イヌカミツレ、ノボロギク等の一年生広葉雑草まで幅広い範囲の麦畑雑草に効果を示します。
  • スルホニルウレア系およびジニトロアニリン系除草剤抵抗性スズメノテッポウにも優れた効果を発揮します。
  • 幅広い散布適期を有し、麦は種後から麦3葉期まで使用できます。(イネ科雑草1葉期まで)
  • 長い持続効果が期待できます。

製品ブランドサイトを見る

製品情報

  • 種類名:ジフルフェニカン・フルフェナセット水和剤
  • 成分:ジフルフェニカン…8.4% フルフェナセット…33.6%
  • 性状:類白色水和性粘稠懸濁液体
  • 登録番号:第23584号
  • 荷姿:500ml×20本、2L×6本
  • 毒性:普通物(「毒物および劇物取締法」にもとづく毒物・劇物に該当しないものを指していう通称)
  • 危険物:
  • 有効年限:4年
  • PRTR:

ダウンロード(SDS・カタログ)

作物別適用及び使用方法

作物名 適用場所 適用病害虫
雑草名
使用目的 希釈倍数
使用量
散布液量 使用時期 使用回数 使用方法 適用土壌 適用地帯名
  小麦 一年生雑草 60~80mL/10a70~100L/10aは種後~麦3葉期(雑草発生前~イネ科雑草1葉期まで)本剤:1回
ジフルフェニカン:1回
フルフェナセット:1回
雑草茎葉散布又は全面土壌散布全土壌(砂土を除く)北海道
  100L/10a全域(北海道を除く)
  大麦(秋播栽培)

注意事項

使用上の注意事項

  • 使用前によく振ってから使用して下さい。
  • 本剤を誤って過剰に使用すると根の生育抑制が生じる場合がありますので使用量を厳守して下さい。
  • 本剤を稲(箱育苗)の浸種後に使用する際は、軽く風乾させた鳩胸状態の催芽もみに所定量の原液を均一に付着させて下さい。
  • 本剤を浸種前に使用する際は、所定量の原液に専用の種子被覆剤を加用して種もみに均一に付着させて下さい。
    • 本剤を鉄コーティング時に塗抹処理する場合は、コンクリートミキサーまたは回転式コーティング機を用いて種もみに処理して下さい。
    • いぐさ栽培予定水田に、本剤を処理した種もみをは種しないで下さい。また、本剤を処理した稲苗を移植した水田ではいぐさを栽培しないで下さい。
  • 本剤で処理した種もみは食料や飼料として用いないで下さい。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法等を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

安全使用上の注意事項

  • 誤食などのないように注意して下さい。本剤使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当てを受けて下さい。
  • 使用の際は農薬用マスク、不浸透性手袋、長ズボン・長袖の作業着などを着用して下さい。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをして下さい。
  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意して下さい。
  • 直射日光をさけ、食品と区別して、なるべく低温で乾燥した場所に密栓して保管して下さい。