アドマイヤー®1粒剤

ADMIRE Granule

製品の特長

ネオニコチノイド系の薬剤で、作用機構も有機リン剤、カーバメート剤、合成ピレスロイド剤などとは異なり、これらの剤に抵抗性を持った害虫に対しても優れた効果を示します。
浸透移行性があり、きゅうり、なすなど果菜類の定植時の植穴処理で難防除害虫のアブラムシ類やミナミキイロアザミウマ、タバココナジラミの発生を長期間抑え、これらの害虫に対する生育期の防除回数を低減できます。
稲のツマグロヨコバイ、ヒメトビウンカが媒介するウイルス病(萎縮病、縞葉枯病)や黄萎病の感染防止効果があります。
かんきつ(苗木)の株元散布で、ミカンハモグリガを長期間防除します。
だいこんのは種時に播溝施用することでアブラムシ類の防除ができます。
こんにゃくの培土処理により長期間アブラムシの発生を抑えます。

製品情報

  • 種類名:イミダクロプリド粒剤
  • 成分:イミダクロプリド…1.0%
  • 性状:類白色細粒
  • 登録番号:第18218号
  • 荷姿:950g×10袋 3kg×6袋
  • 毒性:普通物(「毒物および劇物取締法」にもとづく毒物・劇物に該当しないものを指していう通称)
  • 危険物:
  • 有効年限:5年
  • PRTR:

ダウンロード(SDS・カタログ)

作物別適用及び使用方法

作物名 適用場所 適用病害虫
雑草名
使用目的 希釈倍数
使用量
散布液量 使用時期 使用回数 使用方法 適用土壌 適用地帯名
-ツマグロヨコバイ 3kg/10a 収穫7日前まで2回以内散布  
ウンカ類
かんきつ(苗木)ミカンハモグリガ20g/樹(但し、6kg/10aまで)育苗期1回株元散布
豆類(種実、ただし、だいずを除く)アブラムシ類3kg/10aは種時播溝土壌混和
だいず
セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポット1冊(30×60cm、使用土壌約1.5~4L)当り50g本剤の所定量をセル成型育苗トレイまたはペーパーポットの培土に均一に混和する。
えだまめ
3kg/10a播溝土壌混和
2g/植穴(但し、6kg/10aまで)定植時植穴土壌混和
豆類(未成熟、ただし、えだまめ、さやいんげん、未成熟そらまめを除く)
3kg/10aは種時播溝土壌混和
さやいんげん1~2g/株(但し、6kg/10aまで)定植時又はは種時植穴土壌混和
未成熟そらまめ3kg/10aは種時播溝土壌混和
2g/植穴(但し、6kg/10aまで)定植時植穴土壌混和
きゅうり1g/株育苗期後半株元散布
1~2g/株定植時植穴又は株元土壌混和
アザミウマ類
コナジラミ類2g/株植穴土壌混和
ズッキーニアザミウマ類
コナジラミ類
すいかアブラムシ類5g/株(但し、3kg/10aまで)株元土壌混和
1~5g/株(但し、3kg/10aまで)植穴土壌混和
アザミウマ類1~2g/株(但し、3kg/10aまで)
メロンアブラムシ類1g/株育苗期後半株元散布
1~2g/株定植時植穴又は株元土壌混和
アザミウマ類
コナジラミ類2g/株植穴土壌混和
かぼちゃ
アザミウマ類
にがうりアブラムシ類1~2g/株植穴又は株元土壌混和
まくわうり1g/株植穴土壌混和
トマトコナジラミ類0.5~1g/株育苗期後半株元散布
アブラムシ類1~2g/株定植時植穴土壌混和
コナジラミ類
ミニトマト0.5~1g/株育苗期後半株元散布
アブラムシ類1~2g/株定植時植穴土壌混和
コナジラミ類
ピーマンアブラムシ類1g/株育苗期後半株元散布
1~2g/株定植時植穴又は株元土壌混和
アザミウマ類
とうがらし類アブラムシ類1g/株育苗期後半株元散布
1~2g/株定植時植穴又は株元土壌混和
アザミウマ類
なすアブラムシ類1g/株育苗期後半株元散布
1~2g/株定植時植穴又は株元土壌混和
アザミウマ類
わけぎ4kg/10a植溝土壌混和
あさつき
ねぎ
はくさいアブラムシ類0.5g/株植穴土壌混和
キャベツ
ブロッコリー
レタス育苗期後半株元散布
だいこん3~6kg/10aは種時播溝土壌混和
非結球あぶらな科葉菜類
なばな類
ほうれんそう4kg/10a
かぶ
ごぼう
収穫7日前まで2回以内株元散布
いちご0.5g/株育苗期後半1回
定植時植穴土壌混和
パセリアザミウマ類
アブラムシ類
3kg/10aは種時播溝散布
収穫14日前まで株元散布
こんにゃく3~6kg/10a培土時(基根伸長期)株元土壌混和
6kg/10a生育期 但し収穫21日前まで2回以内茎葉散布
さといも4kg/10a植付時1回植溝土壌混和
さといも(葉柄)
ばれいしょ
れんこんイネネクイハムシ3kg/10a
クワイクビレアブラムシ
4kg/10a収穫14日前まで2回以内散布
かんしょコガネムシ類4~6kg/10a植付前1回作条土壌混和
6kg/10a全面土壌混和
やまのいもアブラムシ類4kg/10a植付時植溝土壌混和
コガネムシ類
やまのいも(むかご)
にらアザミウマ類定植時
収穫30日前まで株元散布
にら(花茎)ネギアザミウマ定植時植溝土壌混和
収穫30日前まで株元散布
じゅんさいじゅんさい田ユスリカ類3kg/10a収穫前日まで2回以内散布
ごま-アブラムシ類は種時1回播溝土壌混和
花き類・観葉植物(きく、ばら、ペチュニア、レザーファンを除く)2g/株(但し、6kg/10aまで)生育期5回以内株元散布
きくアザミウマ類3kg/10a散布
アブラムシ類2g/株(但し、6kg/10aまで)株元散布
ばらイバラヒゲナガアブラムシ株元土壌混和
アブラムシ類株元散布
ペチュニア
1g/株(但し、3kg/10aまで)定植時1回植穴土壌混和
レザーファンアザミウマ類生育期5回以内株元土壌混和
アブラムシ類2g/株(但し、6kg/10aまで)株元散布
ポインセチア
コナジラミ類1g/株(但し、3kg/10aまで)株元土壌混和
つつじ類コガネムシ類4kg/10a植付時又は植替時2回以内作条土壌混和
ツツジグンバイ6kg/10a発生初期5回以内株元散布
樹木類(つつじ類を除く)コガネムシ類4kg/10a植付時2回以内作条土壌混和
たばこアブラムシ類3kg/10a(1g/株)1回植穴土壌混和

注意事項

使用上の注意事項

  • 蚕に対して長期間毒性がありますので、絶対に桑葉にかからないようにして下さい。
  • ミツバチに対して影響がありますので、ミツバチの巣箱およびその周辺にかからないようにして下さい。本剤の作物への処理後、ミツバチの訪花活動に影響を及ぼすおそれがありますので注意して下さい。
  • 関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めて下さい。
  • きくのミナミキイロアザミウマに使用する場合、生育期後半に使用すると効果が不十分になる場合がありますので生育期前半に使用して下さい。
  • 本剤をだいこんに使用する場合、間引き菜またはつまみ菜として食用には供さないで下さい。
  • トマト、ミニトマト、なす、ピーマン、とうがらし類、きゅうり、メロンの育苗期後半に使用する場合は、直径9cm以上のポットで育苗した苗に使用することとし、それ以外での使用は薬害を生じるおそれがありますのでさけて下さい。
  • かんきつに使用する場合には、今期に収穫の見込みのない苗木に使用し、散布後灌水をして下さい。効果発現が遅れることがありますので、対象害虫発生前に使用して下さい。
  • 本剤を稲およびれんこんおよびじゅんさいに散布で使用する場合には、湛水状態で均一に散布し、散布後少なくとも7日間はそのまま湛水状態を保ち、落水、かけ流しはしないで下さい。
  • だいずおよびえだまめの育苗培土に混和処理する場合には、処理後速やかに使用して下さい。また本剤を処理した育苗培土を放置しないで下さい。
  • 本剤の使用に当っては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  • 適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用して下さい。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

安全使用上の注意事項

  • 取扱いには十分注意して下さい。誤って飲み込んだ場合には吐きださせ、直ちに医師の手当を受けさせて下さい。本剤使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受けて下さい。
  • 使用の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用して下さい。また粉末を吸い込んだり浴びたりしないよう注意し、作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをして下さい。
  • 街路、公園等で使用する場合は、使用中および使用後(少なくとも使用当日)に小児や使用に関係のない者が使用区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。
  • 水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼしますので、河川、養殖池に飛散、流入しないよう注意して使用してください。
  • 散布後は水管理に注意してください。
  • 直射日光をさけ、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管して下さい。