ロブラール®水和剤

ROVRAL WP

製品の特長

  • 各種作物の主要病害に卓効を示します。
    • 野菜・果樹のアルタナリア属菌、ボトリチス属菌、スクレロチニア属菌、モニリア属菌やヘルミントスポリウム属菌、カーブラリア属菌などによる重要病害に卓効を示します。
  • 適期防除で優れた効果があります。
    • 本剤は持続効果が長く、早めの防除で的確な予防効果を発揮します。
  • 各種耐性菌に有効です。
    • ベンズイミダゾール系殺菌剤、ジエトフェンカルブ剤、ポリオキシン剤の耐性菌が問題になっている灰色かび病、斑点落葉病、黒斑病、灰星病などに高い効果を発揮します。
  • 作物により常温煙霧による使用も可能です。

製品情報

  • 種類名:イプロジオン水和剤
  • 成分:イプロジオン…50.0%
  • 性状:類白色水和性粉末45μm以下
  • 登録番号:第14212号
  • 荷姿:100g×25袋×4 500g×20袋
  • 毒性:普通物(「毒物および劇物取締法」にもとづく毒物・劇物に該当しないものを指していう通称)
  • 危険物:
  • 有効年限:4年
  • PRTR:1種イプロジオン…50.0%

ダウンロード(SDS・カタログ)

作物別適用及び使用方法

作物名 適用場所 適用病害虫
雑草名
使用目的 希釈倍数
使用量
散布液量 使用時期 使用回数 使用方法 適用土壌 適用地帯名
  きゅうり温室、ガラス室、ビニールハウス等の密閉できる場所灰色かび病 200g/10a5L/10a収穫前日まで本剤:4回以内
イプロジオン:5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)
常温煙霧  
  かんきつ 1000~2500倍200~700L/10a収穫7日前まで本剤:3回以内
イプロジオン:3回以内
散布
  黄斑病1000~1500倍
  トマト温室、ガラス室、ビニールハウス等の密閉できる場所灰色かび病200g/10a5L/10a収穫前日まで本剤:3回以内
イプロジオン:4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)
常温煙霧
  ミニトマト
  かんきつ 黒腐病1000倍200~700L/10a収穫7日前まで本剤:3回以内
イプロジオン:3回以内
散布
  ぶどう温室、ガラス室、ビニールハウス等の密閉できる場所灰色かび病200g/10a6L/10a開花期~幼果期、但し、収穫60日前まで常温煙霧
  りんご 斑点落葉病1000~1500倍200~700L/10a収穫14日前まで本剤:5回以内
イプロジオン:5回以内
散布
  なし黒斑病
  もも灰星病収穫前日まで本剤:3回以内
イプロジオン:3回以内
  ホモプシス腐敗病1000倍
  ネクタリン灰星病1000~1500倍
  ホモプシス腐敗病1000倍
  おうとう灰星病1000~1500倍
  黒かび病1000倍
  すもも灰星病1000~1500倍
  あんず収穫3日前まで
  びわ灰色かび病収穫前日まで
  うめ収穫45日前まで本剤:2回以内
イプロジオン:2回以内
  環紋葉枯病
  食用桑(果実)菌核病1000倍収穫14日前まで
  キウイフルーツ果実軟腐病1000~1500倍収穫前日まで本剤:4回以内
イプロジオン:4回以内
  灰色かび病開花期~落花期
  貯蔵病害(灰色かび病)1500~2000倍収穫前日まで
  ぶどう灰色かび病1000~1500倍開花期~幼果期但し、収穫60日前まで本剤:3回以内
イプロジオン:3回以内
  白腐病
  黒とう病1000倍
  マンゴー灰色かび病収穫7日前まで
  はとむぎ葉枯病60~150L/10a収穫21日前まで
  8倍3.2L/10a無人ヘリコプターによる散布
  いちご灰色かび病1500倍100~300L/10a収穫前日まで本剤:4回以内
イプロジオン:5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)
散布
  黒斑病
  菌核病
  ピーマン灰色かび病1000~1500倍
  菌核病1000倍
  なす灰色かび病1000~1500倍
  黒枯病
  菌核病1000倍
  すすかび病
  きゅうり灰色かび病1000~1500倍
  菌核病1000倍
  つる枯病
  すいか菌核病
  つる枯病
  メロン菌核病
  つる枯病
  ズッキーニ灰色かび病1000~1500倍
  キャベツ菌核病1000倍収穫7日前まで
  株腐病
  薬用にんじん灰色かび病1000~1500倍収穫14日前まで
  斑点病
  にんじん
  黒葉枯病
  種子重量の0.5%-は種前本剤:1回
イプロジオン:5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)
種子粉衣
  漬物用メロン菌核病1000倍100~300L/10a収穫14日前まで本剤:1回
イプロジオン:2回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は1回以内)
散布
  つる枯病
  オクラ黒斑病2000倍収穫前日まで本剤:3回以内
イプロジオン:4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)
  灰色かび病
  トマト1000~1500倍
  輪紋病1000倍
  斑点病
  ミニトマト灰色かび病1000~1500倍
  輪紋病1000倍
  斑点病
  ごぼう菌核病収穫3日前まで
  あしたば葉枯病収穫7日前まで
  たまねぎ灰色かび病
  灰色腐敗病
  黒斑病
  くきちしゃ灰色かび病1000~1500倍
  菌核病1000倍
  すそ枯病
  レタス灰色かび病1000~1500倍収穫14日前まで
  菌核病1000倍
  すそ枯病
  バジル菌核病2000倍
  はくさい1000倍
  白斑病1000~1500倍
  黒斑病
  ねぎボトリチス葉枯症
  黒斑病
  小菌核腐敗病
  500倍0.5~1L/㎡株元灌注
  白絹病500~1000倍1L/㎡
  あさつきボトリチス葉枯症1000~1500倍100~300L/10a散布
  黒斑病
  小菌核腐敗病
  わけぎボトリチス葉枯症本剤:3回以内
イプロジオン:3回以内
  黒斑病
  小菌核腐敗病
  らっきょう灰色かび病1000倍収穫30日前まで
  ばれいしょ菌核病収穫前日まで本剤:4回以内
イプロジオン:4回以内(種いも散布は1回以内)
  夏疫病
  黒あざ病125倍3L/種いも100kg植付前本剤:1回
イプロジオン:4回以内(種いも散布は1回以内)
種いも散布
  さやえんどう灰色かび病1500倍100~300L/10a収穫前日まで本剤:3回以内
イプロジオン:4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)
散布
  えだまめ1000倍収穫30日前まで
  菌核病
  未成熟そらまめ赤色斑点病収穫前日まで
  実えんどう灰色かび病
  だいず収穫21日前まで本剤:3回以内
イプロジオン:3回以内
  菌核病
  あずき灰色かび病
  菌核病
  いんげんまめ灰色かび病1000~1500倍
  菌核病500~1000倍
  らっかせい灰色かび病1000~1500倍
  てんさい葉腐病500~1000倍
  食用ゆり葉枯病1000倍収穫7日前まで
  ししとう灰色かび病2000倍収穫前日まで本剤:2回以内
イプロジオン:3回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は2回以内)
  とうがらし類(ししとうを除く)収穫3日前まで
  葉たまねぎ1000倍収穫14日前まで
  灰色腐敗病
  黒斑病
  ひろしまな白斑病
  未成熟ささげ灰色かび病1500倍収穫前日まで
  葉ごぼう菌核病1000倍収穫30日前まで
  のざわな収穫35日前まで
  みぶな収穫45日前まで
  みつば(軟化栽培)根株養成期 地上部切り取り前 但し、収穫35日前まで本剤:2回以内
イプロジオン:4回以内(種子粉衣は1回以内、散布は2回以内、土壌灌注は1回以内)
  2L/㎡伏込時 但し、収穫30日前まで本剤:1回
イプロジオン:4回以内(種子粉衣は1回以内、散布は2回以内、土壌灌注は1回以内)
土壌灌注
  畑わさび墨入病-定植時本剤:1回
イプロジオン:5回以内(種子粉衣は1回以内、苗浸漬は1回以内、定植後は3回以内)
定植時に20時間苗浸漬し、更に定植後に灌注する。
  500倍3L/㎡定植後但し、収穫30日前まで本剤:3回以内
イプロジオン:5回以内(種子粉衣は1回以内、苗浸漬は1回以内、定植後は3回以内)
  うど黒斑病1000倍100~300L/10a根株養成期但し、収穫50日前まで本剤:3回以内
イプロジオン:4回以内(散布は3回以内、土壌灌注は1回以内)
散布
  菌核病6L/㎡伏せ込み時但し、収穫21日前まで本剤:1回
イプロジオン:4回以内(散布は3回以内、土壌灌注は1回以内)
土壌灌注
  アスパラガス茎枯病2000倍100~300L/10a収穫前日まで本剤:5回以内
イプロジオン:6回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は5回以内)
散布
  斑点病
  灰色かび病1000~1500倍200~400L/10a摘採21日前まで本剤:2回以内
イプロジオン:2回以内
  スターチス100~300L/10a-本剤:8回以内
イプロジオン:8回以内(種子粉衣は1回以内)
  りんどう苗腐敗症(アルタナリア菌)250~500倍-は種前本剤:1回
イプロジオン:2回以内(種子浸漬は1回以内)
48時間種子浸漬
  1000倍100~300L/10a本葉展開直後~定植前本剤:2回以内
イプロジオン:2回以内(種子浸漬は1回以内)
散布
  たばこ菌核病1500~2000倍200mL/株大土寄時本剤:1回
イプロジオン:1回
株元灌注
  葉腐病(ブラウンパッチ)1000~1500倍1L/㎡発病初期本剤:8回以内
イプロジオン:8回以内
散布
  ヘルミントスポリウム葉枯病
  日本芝葉腐病(ラージパッチ)
  西洋芝(ベントグラス)ダラースポット病
  野菜類アルタナリア菌による病害種子重量の0.5%-は種前本剤:1回
イプロジオン:1回
種子処理機による種子粉衣
  花き類

注意事項

使用上の注意事項

  • 本剤の所定量に少量の水を加えて糊状にねり、のち所要量の水を加え、十分かきまぜて散布液を調製して下さい。
  • 散布液調製後はできるだけ速やかに散布して下さい。
  • ボルドー液、石灰硫黄合剤との混用はさけて下さい。
  • 使用の際は展着剤を加用して下さい。
  • 畑わさびの墨入病に使用する場合、定植時に20時間苗浸漬した後、さらに定植後に1㎡当3Lを約30日間隔で3回灌注して下さい。
  • 本剤をかんきつに使用する場合、PAP、MEPおよびマラソン剤との混用散布は生理的落葉を助長することがありますので注意して下さい。
  • りんごに使用する場合、旭種には薬害を生じる恐れがありますので使用はさけて下さい。
  • ぶどうに使用する場合、果実肥大期以降の散布は、果実に汚染を生じるおそれがありますのでさけ、開花~幼果期までにして下さい。
  • すいかに使用する場合、草勢が弱っている時の散布は薬害を生じるおそれがありますので注意して下さい。
  • 薬剤耐性菌の出現を防ぐため、過度の連用をさけてなるべく作用性の異なる薬剤と組み合わせ輪番で使用して下さい。
  • みつばに使用する場合、伏込前または土寄せ前に切り取った地上部を食用に供さないで下さい。
  • ハウスなどの常温煙霧として使用する場合、以下の事に注意して下さい。
    • 専用の常温煙霧機により所定の方法で煙霧して下さい。とくに常温煙霧装置の選定および使用に当っては病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
    • 作業はできるだけ夕刻に行い、作業終了後6時間以上密閉して下さい。
    • 定植直後や幼苗、軟弱苗など草勢の弱っている時は、薬害を生じるおそれがありますので使用はさけて下さい。
    • ぶどうに使用する場合、巨峰以外の品種では薬害を生じるおそれがありますので注意して下さい。
  • 本剤を無人ヘリコプターによる散布に使用する場合は次の注意事項を守って下さい。
    • 散布は散布機種の散布基準に従って実施して下さい。
    • 散布に当たっては散布機種に適合した散布装置を使用して下さい。
    • 散布中、薬液の漏れのないように機体の散布配管その他散布装置の十分な点検を行って下さい。
    • 周辺に栽培されている作物に飛散しないよう十分注意して下さい。
    • 散布薬液の飛散による他の分野への影響に注意して、散布地域の選定に注意し、散布区域内の諸物件に十分留意して下さい。
    • 散布終了後は次の項目を守って下さい。
      1. 使用後の空袋は放置せず、安全な場所に廃棄して下さい。
      2. 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきって下さい。
      3. 機体の散布装置は十分洗浄して下さい。また、薬液タンクの洗浄廃液は河川等に流さないで下さい。
  • 蚕に対して影響がありますので、桑に使用後15日間は蚕に桑葉を給餌しないで下さい。
  • 適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用して下さい。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

安全使用上の注意事項

  • 本剤は眼に対して刺激性がありますので、眼に入らないよう注意して下さい。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けて下さい。
  • 使用の際は不浸透性手袋などを着用して下さい。使用後は洗眼して下さい。
  • 常温煙霧中はハウス内へ入らないで下さい。また、常温煙霧終了後はハウスを開放し、十分換気した後に入室して下さい。
  • 公園等で使用する場合は、使用中および使用後(少なくとも使用当日)に小児や使用に関係のない者が使用区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払って下さい。
  • 水産動植物(魚類・甲殻類)に影響を及ぼすおそれがありますので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用して下さい。
  • 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきって下さい。散布器具および容器の洗浄水は、河川等に流さないで下さい。また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理して下さい。
  • 直射日光をさけ、なるべく低温な場所に密封して保管して下さい。
  • 漏出時は、保護具を着用し掃き取り回収して下さい。
  • 火災時は、適切な保護具を着用し消火剤等で消火に努めて下さい。
  • 移送取扱いは、ていねいに行って下さい。