最適な農薬と使用法の開発

最適な農薬と使用法の開発

環境とヒトにより調和した農薬とその使用法を開発し、「より良い収穫を、より少ない資源で」実現することを目指しています 。この目的を達成するため、バイエル クロップサイエンスは、既に登録している農薬について、自ら随時その安全性を見直し、より安全な農薬とその使用法を提案するとともに、デジタルを活用した精密農業による処理法・処理時期の最適化、新たな使用法の開発・普及を促進しています。

「イミダクロプリドの使用方法の見直しについて」はこちら

  • より安全な農薬・使用法の開発
  • 農薬使用量の削減
  • 処理・散布技術の向上による生産性向上
  • 高品質・高収量の作物生産
  • 安全な農薬使用法の普及活動
散布薬量の減少

散布薬量の減少

無人航空機により少水量散布を実現します

<ナティーボ®フロアブルの事例>
10アール当たり水量:最大700Lから最小4Lに削減
10アール当たり薬量:最大0.467Lから最大0.3Lに削減

散布薬量の減少