カウンシル® エナジー 難防除多年生雑草への高い除草効果

クログワイ、オモダカ、コウキヤガラに対して高い除草効果・塊茎形成抑制効果を示します。

トリアファモンの難防除多年生雑草に対する効果発現
(クログワイ、オモダカ、コウキヤガラ)

処理後約40~60日で効果が完成します(温度条件等によって効果完成に要する日数は変動します)。
処理後雑草の草丈が伸長する場合がありますが、効果持続性が長く、最終的に茶褐色化し枯死に至ります。

クログワイに対する効果発現の様子
オモダカに対する効果発現の様子
コウキヤガラに対する効果発現の様子

・試験場所:バイエルクロップサイエンス(株) 開発センター ・試験規模:460㎠ プラスチックポット ・試験土壌:軽埴土
・処理時の雑草葉齢:クログワイ 7~9cm オモダカ 2~3葉期 コウキヤガラ 15cm

トリアファモンの難防除多年生雑草に対する除草効果および
塊茎形成抑制効果(クログワイ、オモダカ)

クログワイに対する除草効果

●トリアファモンは、クログワイの茎葉先端部から褐色化の症状を示し、生育を強く抑制し枯死に至らしめます。

オモダカに対する除草効果

●トリアファモンは、オモダカに黄化症状を示すとともに、生育を強く抑制し枯死に至らしめます。

クログワイに対する塊茎形成抑制効果
オモダカに対する塊茎形成抑制効果

●トリアファモンは、クログワイおよびオモダカの塊茎形成を強く抑制します。

・試験場所:バイエルクロップサイエンス(株) 明野事業所内コンクリートポット ・試験規模:0.25㎡(0.5x0.5m)、3反復
・土性:壌土 ・代かき:2017年5月25日 ・塊茎移植:2017年5月26日(9塊茎/ポット) ・移植深度:5cm
・処理方法:湛水処理 ・水管理:湛水深3cm ・漏水操作:処理翌日より1cm/日x5日
・処理時期:2017年6月7日 クログワイ発生始期(3-10cm) 2017年6月5日 オモダカ発生始期(1.2-2.2葉期/3.0-4.5cm)
・調査方法:クログワイ、オモダカの地上部が枯れ上がった後(12月)に、コンクリートポット内の土壌(深度25cm程度)から塊茎を掘り出し、
 調査を実施した。

カウンシル®エナジー 1キロ粒剤のコウキヤガラに対する除草効果(2年連用)

●カウンシル®エナジー 1キロ粒剤は、単年処理および2年の連用において、非常に高い除草効果が確認されました。
●2年目に薬剤処理をしない場合、対照剤も含めてコウキヤガラが再び繁茂する事が認められた為、連年施用により塊茎形成を抑制する事が重要です。

・試験地:植調千葉支所 千葉県山武郡成東町 ・供試作物:移植イネ(品種:ふさおとめ)
1年目(2016年) ・移植日:4月16日 ・処理日:4月21日(+5) ・調査日:6月20日(処理後70日)
2年目(2017年) ・移植日:4月18日 ・処理日:4月28日(+10) ・調査日:6月27日(処理後70日)