カウンシル® エナジー 3成分で高い除草効果

トリアファモン、フェントラザミドおよび新規成分のエフィーダ®を含む3種混合の初・中期一発処理除草剤で、幅広い草種に対して高い除草効果を示します。

殺草スペクトラム

本剤はSU抵抗性雑草を含む幅広い水田雑草に高い除草効果を示します。

カウンシル®エナジー 剤の散布適期一覧

有効成分の物理化学性と安全性

トリアファモンの特長

作用機構

トリアファモンは雑草の根部、茎葉基部から吸収されます。
吸収されたトリアファモンは雑草体内で代謝され、分岐鎖アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)生合成経路上のアセト乳酸合成酵素(ALS)を阻害する活性本体へと変化します。
この活性本体がALSを阻害することで、雑草は正常なタンパク質の生合成ができなくなり、枯死します。
一方で、稲植物体内においては、活性本体がほとんど生成しないために、稲に対して高い安全性を示します。

アセト乳酸合成酵素(ALS)阻害の作用機構

フェントラザミドの特長

移植深度と水稲に対する安全性

移植深度の影響を受け難く、移植水稲に対して高い安全性を示します。

・試験場所:日本バイエルアグロケム(株) 結城中央研究所ガラス温室
・試験規模:1,000㎠ プラスチックポット2連制
・処理方法:湛水散布 ・処理日:移植同日
・水稲葉齢:2~3葉期 ・供試土壌:沖積埴土
・減水深 :0.5cm/日(試験期間中)
・供試薬剤:フェントラザミド原体 ・処理薬剤:20g/10a
・調査方法:生体重量(処理後28日)

エフィーダ®(一般名:フェンキノトリオン)の特長®はクミアイ化学工業(株)の登録商標
第5970955号

作用機構

エフィーダ®は光合成電子伝達経路のプラスキノンの生合成において、HPP(4-ヒドロキシフェニルピルビン酸)からHGA(ホモゲンチジン酸)への変換を触媒する酵素である4-HPPD(4-ヒドロキシフェニルピルビン酸ジオキシゲナーゼ)を阻害します。
プラストキノンの生合成が阻害されることで、間接的にカロテノイド生合成経路が遮断され、クロロフィルが分解されることにより、雑草が白化、枯死に至ります。

エフィーダ®の白化症状(オモダカ)

エフィーダ®の作用機構