開花期にも、収穫前日にも。ナティーボなら、できる。

かんきつ主要病害の発生時期と散布時期

ナティーボアブルの散布適期は、「(1)開花期」と「(2)収穫前日まで」の二時期です。(1)開花期の主要な病害に優れた効果を発揮します。(2)防除薬剤の少ない後期感染型黒点病(後期黒点病)に優れた効果を発揮します。
かんきつ主要病害の発生時期と散布時期
  • 開花期の上手な使い方
  • 収穫期の上手な使い方

開花期のそうか病・灰色かび病・黒点病はナティーボで同時に防除

ナティーボフロアブル《開花期の上手な使い方》

そうか病、灰色かび病、黒点病同時防除〜黒点病防除材へのつなげ方

ナティーボを散布することで果実肥大期以降の黒点病防除薬剤につなげることが可能です。

※  ナティーボフロアブルの黒点病に対する残効は、散布後20日または積算降雨量200mmまでが目安です。どちらかの基準が先に達する前に次の薬剤を散布して下さい。
※※ 黒点病に対する残効期間は、薬剤によって異なります。
●満開期から落弁期に散布することで、灰色かび病、そうか病、黒点病を同時に防除できます。●黒点病に対し、散布後20日または積算降雨量200mmまで効果が期待できるため、余裕を持った体系防除を組むことができます。

収穫前日まで使えるナティーボで、後期黒点病を防除し、キレイな果実を収穫しましょう!

ナティーボフロアブル《収穫期の上手な使い方》

防除成功例・失敗例図
※  黒点病に対する残効期間は、薬剤によって異なります。 ※※ ナティーボフロアブルの黒点病に対する残効は、散布後20日または積算降雨量200mmまでです。
●後期感染型黒点病防除は、収穫直前まで薬剤の残効が切れないように、適正な防除間隔を守ることがポイントです。●散布後日数または積算降雨量の基準のどちらかが先に達する前にナティーボフロアブルを散布して下さい。※ 貯蔵病害(緑かび病)、貯蔵病害(青かび病)に対しては、後期感染型黒点病との同時防除が可能ですが、長期残効は期待できません。貯蔵病害専用防除剤と組み合わせることで、より安定した効果が期待できます。

適用病害の範囲および使用方法(かんきつのみ抜粋)2018年3月現在の登録内容

※印は収穫物への残留回避のため、その日まで使用できる収穫前の日数と本剤およびそれぞれの有効成分を含む農薬の総使用回数の制限を示します。
  • さらに詳しい情報満載の「ナティーボフロアブル技術資料」を差し上げます!ご請求はコチラをクリック!