2018年11月
XAG、XAIRCRAFT JAPAN 株式会社、バイエル クロップサイエンス株式会社、
ドローンを活用した日本における共同事業開発の独占契約を締結


XAG、XAIRCRAFT JAPAN 株式会社、バイエル クロップサイエンス株式会社、
ドローンを活用した日本における共同事業開発の独占契約を締結



東京、2018年11月19日 -バイエル クロップサイエンス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ハーラルト・プリンツ)、XAG Co., Ltd. (広州極飛科技有限公司、本社:中国・広州、創業者兼CEO:彭 斌/ビン・ペン)、XAIRCRAFT JAPAN 株式会社(本社:兵庫県小野市、代表取締役:住田 靖浩)の3社は、日本国内市場におけるドローンを活用した共同事業開発の独占契約を、11月19日(月)に締結いたしました。今回の契約を通じて、今後3社は、日本市場や生産者の要望に対してオーダーメイドのソリューション開発を目指し、日本の農業の持続可能な成長に貢献してまいります。

現在、世界的規模で、食糧問題の解決や農業効率化が急務とされており、そのためのソリューションとして、IoTと農業の融合化など、農業のデジタル化が注目されております。特にドローンの活用は、センシング技術および、農薬、肥料、種子等の散布技術による省力化など、精密農業として大変期待されております。国内においても、農業の後継者問題が深刻化する中、担い手である日本の農家の省力化を見据え、ドローンを活用した技術開発のニーズが高まっております。

バイエル クロップサイエンスは、水稲、畑作、野菜および果樹の豊富な農薬ポートフォリオと付帯サービスで、農家の方々をサポートしています。一方、XAGおよびXAIRCRAFT JAPANは、農業に特化したドローンによる精密散布技術に特長を持っています。

今後、バイエル クロップサイエンス、XAG、XAIRCRAFT JAPANの3社は、日本の農業市場のさまざまな問題を解決すべく、担い手の省力技術、高効率農業、精密農業の実現に向けて、新規技術、ビジネスモデルの開発を加速させ、イノベーションを提供してまいります。




バイエルについて
バイエルは、ヘルスケアと農業関連のライフサイエンス領域を中核事業とするグローバル企業です。バイエルはその製品とサービスを通じて、人々のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の向上に貢献すると同時に、技術革新、成長、およびより高い収益力を通して企業価値を創造することも目指しています。また、バイエルは、持続可能な発展に対して、そして良き企業市民として社会と倫理の双方で責任を果たすために、これからも努力を続けます。グループ全体の売上高は350億ユーロ、従業員数は99,800名(2017年)。設備投資額は24億ユーロ、研究開発費は45億ユーロです。詳細はwww.bayer.comをご参照ください。

バイエル クロップサイエンス株式会社について
バイエル クロップサイエンス株式会社は、農薬、種子、エンバイロサイエンス(防疫用薬剤)の分野で世界をリードする、ライフサイエンス企業であるドイツ バイエル社のクロップサイエンス部門に属し、日本における農業関連事業を担っています。日本では1941年に事業を開始、現在は農薬事業とエンバイロサイエンス事業(緑化製品と生活環境製品)を中心に、グローバル規模の研究開発体制を活かした製品開発、製造・販売を行っています。同社は日本のバイエルグループの一員として、日本農業の持続可能な発展に向けた革新的な製品とソリューションを提供しています。詳細はwww.cropscience.bayer.jpをご参照ください。

XAGについて
2007年に設立したXAGは、世界の農業科学技術農業の自動化や、産業用無人機の業界におけるリーディング・カンパニーです。無人化を行うための研究開発・製造施設の設立、無人機の工業設計、ハードウェアの製造、ドローンのコントロール設計などの分野で世界をリードしています。中国広州に本社を置き、XPLANET、XGEOMATICS、XAG ACADEMYを展開しています。社内の無人機開発者および応用者は1400人を超え、中国の29の省と日本、オーストラリアを含む6カ国において、国際的農業自動化科学研究プロジェクトを協力開発しています。主な製品・サービスは、P20農薬散布用無人機、C2000スマート測量無人機、FM1スマートモニタリングステーション、XAIRWAY物流無人機、農薬自動補充機、GNSS RTK測位システム、XGEOMATICS地理情報ソリューションなどです。詳細はwww.xag.cn/enをご参照ください。

XAIRCRAFT JAPAN 株式会社について
XAIRCRAFT JAPANは、XAG出資のもと2016年に日本支社として設立。日本における農業の自動化、スマート農業の推進、IoTを活用し日本の農業産業の成長、発展を目指しています。弊社の商品は、Pシリーズの農薬散布用無人機、Cシリーズのリモートセンシング、スマート測量無人機、FM1スマートモニタリングステーション、農薬自動補充機、GNSS RTK測位システム、XGEOMATICS地理情報ソリューションなどです。今後もXAIRCRAFT JAPANは、総合的なスマート農業ソリューションを提案、提供していきます。詳細はwww.xag.co.jpをご参照ください。