製品分類 : 除草剤
製品名で検索    
最新登録情報作物名「なたね(一年生雑草)」が追加されました。
 作物名「かんしょ(一年生雑草)」の使用時期(「21日前」から「14日前まで」および使用量を(「200~300ml/10a」から[200~500ml/10a」が変更されました。
 作物名「たばこ」の使用時期が変更されました。
 適用作物名に「たらのき」が追加されました。
 適用作物名「ほうきぎ」が追加されました。
 作物名「えだまめ」の使用時期に「は種後出芽前(雑草生育期)」及び「定植5日前まで(雑草生育期)」を追加されました。
 作物名「えだまめ」の使用時期を「収穫14日前まで(雑草生育期は種前又は畦間処理)」 から「は種前(雑草生育期)」 及び「収穫14日前まで(畦間処理:雑草生育期)」 に変更されました。

バスタ液剤(BASTA SL)
種類名:グルホシネート液剤
成分:グルホシネート…18.5%
性状:青緑色澄明水溶性液体
登録番号:第20958号
荷姿(品名コードNo.):500ml×20本 1L×12本 2.2L×6本(系統のみ) 5L×4本 10L×2缶(系統のみ)
毒性:普通物(「毒物および劇物取締法」にもとづく毒物・劇物に該当しないものを指していう通称)
有効年限:4年
PRTR:1種ポリ(オキシエチレン)=ドデシルエーテル硫酸エステルナトリウム…21.0%
作物名 適用場所 適用病害虫
雑草名
希釈倍数
使用量
散布液量 使用時期 使用回数 使用方法 適用土壌 適用地帯名
  小麦 - 一年生雑草 300~750mL/10a 100~150㍑/10a は種前(雑草生育期) 本剤 1回
グルホシネート 4回以内(は種後は3回以内)
雑草茎葉散布 - -
  300~500mL/10a は種後出芽前(雑草生育期)
  圃場内の周縁部 収穫7日前まで(雑草生育期) 本剤 3回以内
グルホシネート 4回以内(は種後は3回以内)
  大麦 - は種前(雑草生育期) 本剤 1回
グルホシネート 4回以内(は種後は3回以内)
  は種後出芽前(雑草生育期)
  圃場内の周縁部 収穫7日前まで(雑草生育期) 本剤 3回以内
グルホシネート 4回以内(は種後は3回以内)
  そば - は種前(雑草生育期) 本剤 3回以内
  は種後出芽前(雑草生育期)
  圃場内の周縁部 収穫前日まで(雑草生育期)
  かんきつ - 収穫21日前まで(雑草生育期:草丈30cm以下)
  多年生雑草 500~1000mL/10a
  りんご 一年生雑草 300~500mL/10a
  多年生雑草 500~1000mL/10a
  ぶどう 一年生雑草 300~500mL/10a 収穫前日まで(雑草生育期:草丈30cm以下)
  多年生雑草 500~1000mL/10a
  なし 一年生雑草 300~500mL/10a
  多年生雑草 500~1000mL/10a
  おうとう 一年生雑草 300~500mL/10a
  多年生雑草 500~1000mL/10a
  かき 一年生雑草 300~500mL/10a
  多年生雑草 500~1000mL/10a
  もも 一年生雑草 300~500mL/10a
  多年生雑草 500~1000mL/10a
  小粒核果類 一年生雑草 300~500mL/10a
  多年生雑草 500~1000mL/10a
  ネクタリン 一年生雑草 300~500mL/10a
  多年生雑草 500~1000mL/10a
  ブルーベリー 一年生雑草 300~500mL/10a
  多年生雑草 500~1000mL/10a
  いちじく 一年生雑草 300~500mL/10a
  びわ 収穫21日前まで(雑草生育期:草丈30cm以下)
  多年生雑草 500~750mL/10a
  キウイフルーツ 一年生雑草 300~500mL/10a
  多年生雑草 500~750mL/10a
  いちょう(種子) 一年生雑草 300~500mL/10a 収穫14日前まで(雑草生育期:草丈30cm以下)
  多年生雑草 500~1000mL/10a
  くり 一年生雑草 300~500mL/10a 収穫30日前まで(雑草生育期:草丈30cm以下)
  多年生雑草 500~750mL/10a
  キャベツ 一年生雑草 300~500mL/10a 収穫45日前まで(雑草生育期定植前又は畦間処理) 本剤 2回以内
  はくさい
  きゅうり 収穫前日まで(雑草生育期定植前又は畦間処理) 本剤 3回以内
  なす
  ピーマン
  とうがらし類
  トマト
  ミニトマト
  いちご
  すいか 本剤 2回以内
  ねぎ
  たまねぎ
  ブロッコリー
  ズッキーニ
  にがうり
  だいこん 収穫45日前まで(雑草生育期は種前又は畦間処理)
  はつかだいこん 収穫7日前まで(雑草生育期は種前又は畦間処理)
  たかな
  ほうれんそう
  みつば 本剤 3回以内
  みしまさいこ
  メロン 収穫30日前まで(雑草生育期定植前又は畦間処理) 本剤 2回以内
  レタス
  非結球レタス
  かぼちゃ
  ごぼう 収穫前日まで(雑草生育期は種前又は畦間処理)
  にんじん 本剤 3回以内
  オクラ
  アスパラガス 収穫前日まで(雑草生育期萌芽前又は畦間処理) 本剤 2回以内
  さといも 収穫30日前まで(雑草生育期植付前又は畦間処理) 本剤 3回以内
  やまのいも
  かんしょ 200~500mL/10a 収穫14日前まで(雑草生育期挿苗前又は畦間処理) 本剤 2回以内
  こんにゃく 200~300mL/10a 雑草生育期植付前又は植付後萌芽前 本剤 3回以内
  300~500mL/10a 収穫30日前まで(雑草生育期畦間処理)
  ばれいしょ 100~200mL/10a 雑草生育期植付前又は植付後萌芽直前 本剤 1回
グルホシネート 3回以内(萌芽前は1回以内、萌芽後は2回以内)
  300~500mL/10a 収穫21日前まで(畦間処理:雑草生育期) 本剤 2回以内
グルホシネート 3回以内(萌芽前は1回以内、萌芽後は2回以内)
  豆類(種実、ただし、だいずを除く) は種前(雑草生育期) 本剤 3回以内
  定植5日前まで(雑草生育期)
  収穫28日前まで(畦間処理:雑草生育期)
  だいず は種前(雑草生育期)
  は種後出芽前(雑草生育期)
  定植5日前まで(雑草生育期)
  収穫28日前まで(畦間処理:雑草生育期)
  収穫28日前まで(株間処理:本葉5葉期以降雑草生育期)
  えだまめ は種前(雑草生育期)
  は種後出芽前(雑草生育期)
  定植5日前まで(雑草生育期)
  収穫14日前まで(畦間処理:雑草生育期)
  なばな 収穫21日前まで(雑草生育期は種前又は畦間処理) 本剤 2回以内
  かぶ は種前(雑草生育期)
  定植前(雑草生育期)
  収穫21日前まで(畦間処理:雑草生育期)
  にら は種前(雑草生育期) 本剤 3回以内
  定植前(雑草生育期)
  収穫前日まで(畦間処理:雑草生育期)
  さやいんげん は種前(雑草生育期)
  定植前(雑草生育期)
  収穫前日まで(畦間処理:雑草生育期)
  さやえんどう は種前(雑草生育期)
  定植前(雑草生育期)
  収穫前日まで(畦間処理:雑草生育期)
  実えんどう は種前(雑草生育期)
  定植前(雑草生育期)
  収穫前日まで(畦間処理:雑草生育期)
  未成熟そらまめ は種前(雑草生育期)
  定植前(雑草生育期)
  収穫前日まで(畦間処理:雑草生育期)
  しろうり 収穫21日前まで(雑草生育期定植前又は畦間処理) 本剤 1回
  ほうきぎ 本剤 3回以内
  にんにく 収穫前日まで(雑草生育期植付前又は畦間処理) 本剤 2回以内
  しょうが 本剤 3回以内
  葉しょうが 収穫14日前まで(雑草生育期植付前又は畦間処理) 本剤 2回以内
  食用ぎく は種前(雑草生育期)
  定植前(雑草生育期)
  収穫14日前まで(畦間処理:雑草生育期)
  水田作物 耕起15日前まで(雑草生育期) 本剤 1回
  水田作物(水田畦畔) 水田畦畔 500~1000mL/10a 収穫7日前まで(雑草生育期:草丈30cm以下) 本剤 2回以内
  多年生雑草
  水田作物、畑作物(休耕田) 休耕田 一年生雑草 雑草生育期(草丈50cm以下) 本剤 3回以内
  多年生雑草
  水田作物(水田刈跡) 水田刈跡 一年生雑草 300~500mL/10a 雑草生育期 本剤 1回
  セルリー - 収穫7日前まで(雑草生育期定植前又は畦間処理) 本剤 3回以内
  さんしょう(果実) 収穫7日前まで(雑草生育期:草丈30cm以下) 本剤 2回以内
  多年生雑草 500~750mL/10a
  しそ(花穂) 一年生雑草 300~500mL/10a 収穫14日前まで(雑草生育期定植前又は畦間処理)
  食用桑(葉) 収穫45日前まで(雑草生育期春期萌芽前及び夏切り後萌芽前) 本剤 3回以内
  食用桑(果実)
  パセリ 収穫3日前まで(雑草生育期定植前又は畦間処理) 本剤 2回以内
  もりあざみ 収穫30日前まで(雑草生育期は種前又は畦間処理) 本剤 3回以内
  ふき 収穫120日前まで(雑草生育期定植前又は畦間処理) 本剤 2回以内
  ふき(ふきのとう) 収穫75日前まで(雑草生育期定植前又は畦間処理)
  たけのこ 収穫30日前まで(雑草生育期:草丈30cm以下)
  たらのき 収穫45日前まで(雑草生育期:植付前又は畦間処理) 本剤 3回以内
  なたね 収穫30日前まで(雑草生育期:は種前又は畦間処理) 本剤 1回
  摘採7日前まで(雑草生育期畦間処理) 本剤 2回以内
  花き類・観葉植物 雑草生育期畦間処理(草丈20cm以下) 本剤 3回以内
  樹木類 雑草生育期
  樹木等 公園、庭園、堤とう、駐車場、道路、運動場、宅地、のり面、鉄道等 500~1000mL/10a 100~200㍑/10a 植栽地を除く樹木等の周辺地に雑草茎葉散布
  多年生雑草 1000~2000mL/10a
  日本芝(こうらいしば) - 一年生雑草 300~500mL/10a 100~150㍑/10a 雑草生育期芝休眠期 本剤 1回
雑草茎葉散布
  たばこ 200~300mL/10a 植付10日前まで(雑草生育期)
  大土寄期(雑草生育期畦面・畦間処理)
  300~500mL/10a 雑草生育期春期萌芽前及び夏切り後萌芽前 本剤 3回以内

使用上の注意事項 

  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきって下さい。
  • 本剤は土壌に落下すると速やかに不活性化し、効果を発現しないので薬液が雑草の茎葉全体に均一にかかるように散布して下さい。また、雑草が大きくなりすぎると効果が低下しますので時期を失しないように散布して下さい。
  • 散布後6時間以内の降雨は効果を減ずることがありますので、天候をよく見極めてから散布して下さい。
  • 植物に薬液が付着すると薬害が生じますので、散布液が付近の農作物、樹木の茎葉に飛散しないよう散布して下さい。とくに、野菜類の生育期畦間散布や水田畦畔で使用する場合は作物にかからないように十分注意して散布して下さい。
  • 芝に散布する場合、生育中の芝には薬害を生じますので使用しないで下さい。また、芝の休眠直後や萌芽期に近くなってからの散布では萌芽抑制などの薬害を生ずることがありますので、芝が完全に休眠している時期に散布して下さい。
  • だいずの畦間、株間処理に使用する場合は、噴口はできるだけ低くして、本葉にかからないように散布してください。
  • 本剤の使用に当っては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  • 水源池等に本剤が飛散・流入しないように十分に注意して下さい。
  • 散布器具、容器等の洗浄水は河川等に流さず、空容器は圃場などに放置せず、環境に影響を与えないよう適切に処理して下さい。
  • 適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用して下さい。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  • 蚕に対して影響がありますので、周辺の桑葉にはかからないようにして下さい。

安全使用上の注意事項 

  • 誤飲などのないように注意して下さい。誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせて下さい。本剤使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受けて下さい。
  • 本剤による中毒の治療法としては、動物実験でフェノバルビタール製剤の投与が有効であると報告されています。
  • 本剤は眼に対して刺激性がありますので眼に入らないよう注意して下さい。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けて下さい。
  • 本剤は皮膚に対して刺激性がありますので皮膚に付着しないよう注意して下さい。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落として下さい。
  • 散布液調製時および散布の際は防護マスク、不浸透性手袋、ゴム長靴、不浸透性防除衣などを着用して下さい。また散布液を吸い込んだり、浴びたりしないように注意し、作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをするとともに洗眼して下さい。
  • 公園、堤とう等で使用する場合は、散布中および散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払って下さい。
  • 使用残りの薬剤は必ず安全な場所に保管して下さい。
  • 直射日光を避け、なるべく低温な場所に密栓して保管して下さい。
  • 漏出時は、保護具を着用し布・砂等に吸収させ回収して下さい。
  • 火災時は、適切な保護具を着用し消化剤等で消化に努めて下さい。
  • 移送取扱いは、ていねいに行って下さい。

特長

  • 速い効果の発現があります。
  • 散布後2~5日で効果が発現するので、効果の確認が早くできます。
  • 長い抑草効果があります。
  • 多年生雑草の地上部を確実に枯殺し、その再生を長期間抑制します。
  • 広い殺草スペクトラムを有しています。
  • イネ科・広葉をとわず、一年生雑草はもちろん多年生雑草にも優れた除草効果を発揮します。とくにスギナに対しては、通常濃度(100~150倍)で高い効果を示します。
  • 適用範囲が広い薬剤です。
  • 果樹園、野菜畑、水田畦畔、茶園、桑園、花木など広範囲に適用があります。
  • 作物、人畜、環境にやさしい薬剤です。
  • グルホシネートは土壌に落下すると、土壌に吸着され、微生物により分解、速やかに消失します。この事から散布後、効果の発現を確認したら、すぐに後作物のは種、定植ができます。
  • 地面に落下したグルホシネートは、最終的には「炭酸ガス」「リン酸塩」「水」になり、土壌中に残留・蓄積する心配はありません。