製品分類 : 除草剤
製品名で検索    

コンボラル(COMBORAL)
種類名:トリフルラリン・ペンディメタリン粉粒剤
成分:トリフルラリン…1.2% ペンディメタリン…1.2% 
性状:黄色細粒および微粒
登録番号:第18862号
荷姿(品名コードNo.):3kg×8袋
毒性:普通物(「毒物および劇物取締法」にもとづく毒物・劇物に該当しないものを指していう通称)
有効年限:5年
PRTR:1種トリフルラリン…1.2% 1種ペンディメタリン…1.2% 2種パリゴルスカイト…85.9%
作物名 適用場所 適用病害虫
雑草名
希釈倍数
使用量
散布液量 使用時期 使用回数 使用方法 適用土壌 適用地帯名
  ねぎ - 畑地一年生雑草(ツユクサ、キク科を除く) 4~6kg/10a - 定植直後 本剤 1回
トリフルラリン 2回以内
ペンディメタリン 1回
全面土壌散布 全土壌 全域
  やまのいも 植付後~萌芽前 但し、植付後30日まで 本剤 1回
トリフルラリン 1回
ペンディメタリン 1回
  にんじん は種直後 砂壌土~埴土
  さといも 植付直後
  キャベツ 定植前(植穴掘前)
  はくさい
  こんにゃく 植付後、培土後(萌芽前) 本剤 1回
トリフルラリン 2回以内
ペンディメタリン 1回
  にんにく 植付前~植付後 但し、収穫90日前まで
  たまねぎ 定植後 但し、収穫75日前まで
  たまねぎ(露地マルチ栽培) 定植前(マルチ前) 北海道を除く全域
  麦類 は種直後
  陸稲 本剤 1回
トリフルラリン 1回
ペンディメタリン 1回
関東以西
  ばれいしょ 植付後~萌芽前(雑草発生前) 北海道を除く全域

使用上の注意事項 

  • 使用量に合わせ秤量し、使いきって下さい。
  • 本剤は雑草の発生前~発芽時に有効ですが、雑草の生育が進むと急激に効果が低下します
  • ので、使用時期を失しないように土壌表面に均一に散布して下さい。
  • 土壌が非常に乾いている時は効果が劣りますので、土壌が適当に湿っている時、または適当に湿らせてから表面散布して下さい。
  • 本剤はイネ科および広葉の一年生雑草に効果がありますが、キク科雑草とツユクサには効果が劣りますので、これらの雑草の優占圃場では使用しないで下さい。
  • 使用に当っては、砕土および整地は丁寧に行っておいて下さい。また、覆土は細かく砕いた土を用いてうすすぎないように丁寧に行って下さい。麦類、陸稲は薬害を生じやすいので、覆土深は2 ~ 3cmになるように注意して下さい。とくに大麦は砂質土壌で使用する場合、登録内の低薬量で使用して下さい。
  • キャベツおよびはくさいのセル成型苗には薬害が発生する恐れがありますので使用を避けて下さい。
  • たまねぎ(露地マルチ栽培)に使用する場合には、薬害を避けるため定植7日前までに散布して下さい。
  • 水田裏作の麦類に使用する場合には、排水不良田など土壌が湿りすぎていると砕土や覆土が不十分となり、効果むらや薬害の原因となることがありますので、過湿状態での使用は避けて下さい。
  • 激しい降雨が予想される時には使用を避けて下さい。
  • 重複散布すると薬害の恐れがありますので、まきむらのないように均一に散布して下さい。
  • 蚕に対して影響がありますので、周辺の桑葉にはかからないようにして下さい。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  • 本剤は靴、作業衣等に付着すると着色しますので取り扱いに注意して下さい。
  • 本剤はマルチ、トンネルやハウス栽培では薬害を避けるために特別な注意が必要ですので、使用する前に必ず農業技術者によく相談して下さい。

安全使用上の注意事項 

  • 通常の使用方法では危険性は低いですが、誤食などのないように注意して下さい。
  • 本剤は眼に対して刺激性がありますので、眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けて下さい。
  • 散布の際は農薬用マスク、不浸透性手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用して下さい。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換して下さい。
  • 作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯して下さい。
  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意して下さい。
  • 水産動植物(藻類)に影響を及ぼす恐れがありますので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用して下さい。
  • 散布器具および容器の洗浄水は、河川等に流さないで下さい。また、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理して下さい。
  • 直射日光を避け、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管して下さい。
  • 漏出時は、保護具を着用し掃き取り回収して下さい。
  • 火災時は、適切な保護具を着用し消化剤等で消化に努めて下さい。
  • 移送取扱いは、ていねいに行って下さい。

特長

  • 広範囲の畑地一年生雑草に優れた除草効果を示します。
  • 除草効果の持続期間が長い除草剤です。
  • 粒剤タイプなので、使いやすく、手撒きもできます。