テフリルトリオンの殺草反応は速効的で、気象条件等にもよりますが、およそ処理してから3日目には白化症状を示します。温度が高いほど、白化症状の発現が早くなる傾向があります。  

 
本剤の各種雑草に対する残効期間は約40〜50日間と長く、通常の条件下では一回の散布で雑草を防除できます。