最近のニュース
2013年3月
田植え、定植後の薬剤散布作業の省力化に貢献
水稲・野菜用殺虫剤「ガードナー®フロアブル」、3月15日より販売開始
 東京、2013年3月12日-バイエル クロップサイエンス株式会社 (本社:東京、代表取締役社長:ギャビン マーチャント、以下バイエル クロップサイエンス)は、水稲・野菜用の殺虫剤「ガードナー®フロアブル」を3月15日より販売開始します。

「ガードナー®フロアブル」は、水稲や野菜の育苗期にジョウロやシャワー灌水することにより、短時間で均一に処理できる灌注処理殺虫剤です。

水稲分野においては、育苗箱の上から灌注処理することで、田植え後の初中期害虫(イネミズゾウムシ、イネドロオイムシ、ウンカ類等)を同時に防除できます。一方、野菜分野においては、定植前の葉菜類のセルトレイ苗に灌注処理することで、定植後、約3週間、アブラムシ類、チョウ目害虫、ハモグリバエから作物の初期生育を守ることができます。簡単で作業の手間や労力がかからない灌注処理は、大規模な 育苗施設での使用にも適しています。

「ガードナー®フロアブル」は、幅広い害虫に対し高い防除効果と持続性を兼ね備えたイミダクロプリドとチョウ目害虫に優れた効果を発揮するスピノサドの混合剤です。有効成分の一つであるスピノサドは、有機農畜産物や有機加工食品の生産方法などの基準である有機JASにも合致した薬剤で、有機農産物の生産にも使用が認められています。



【製品概要】
製品名: ガードナー®フロアブル
登録番号: 第22871号
成  分: イミダクロプリド・・・10.0%、スピノサド・・・10.0%
毒  性: 医薬用外劇物
有効年限: 4年
荷  姿: 500ML ×20本
販売ルート: バイエル クロップサイエンス株式会社から、系統、商系ルートを通じて販売
販売開始日 2013年3月15日